EMC村の民
~iNarte EMCエンジニアへの道~
キャリア

EMCエンジニアにおすすめの転職エージェント【5選】

 

さて、キャリアアップに関するテーマも、いよいよ終盤です。

これまでの記事を見ていない方は、①から順に読むと「EMCエンジニアとして働き方」や「キャリアアップの考え方」が理解ができます。

 

今回の記事では、実際に転職活動を行っていくうえで大切な「転職エージェントの選び方」について紹介します。

 

転職エージェントとは

転職エージェントとは、「転職」に関わるあらゆる手続きをサポートをしてくれる「代理人」です。

転職エージェントは、求人企業から報酬を受け取る仕組みとなっているため、転職希望者は「無料」でサービスを受けることができます。

転職エージェントの仕組み 出典:BLUE BLOG

「転職エージェント」は、転職希望者に対して以下のサービスを提供してくれます。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

「転職エージェント」と「転職サイト」の違いを比較してみましょう。

「転職エージェント」を利用するほうが、圧倒的にメリットが大きいことがわかります。

転職活動を進めるにあたっては、積極的に「転職エージェント」を利用しましょう。

 

転職エージェントの選び方

転職エージェントを利用する場合、エージェントとの「面談」が必要となります。

面談は「時間」と「労力」も要するため少し面倒ですが、キャリアの方向性を定める上で非常に重要です。

転職エージェントは「1社」だけしか利用できないという決まりはなく、「複数」の転職エージェントを並行して転職活動を進めることもできます。

キャリアの方向性に迷っている場合は、複数の転職エージェントから客観的な意見を聞き、自分自身の市場価値を見直してみるのもオススメです。

 

転職エージェントは、それぞれ得意な「業種」や「職種」を持っています。

業界を横断して大量の案件を持つ「総合型」と、業界を絞って専門的に案件を持つ「特化型」の2つに分類されます。

さらに「若手向け」と「ハイクラス向け」に分かれます。

転職エージェントの分類 出典:転職スタイル

 

「若手」または「転職がはじめて」の方には、「総合型」の転職エージェントを利用して「エージェントの利用方法」や「転職の進め方」などを学んでみることをオススメします。

面談を進める中で良い求人案件があれば、そのまま応募に進んでも構いません。
(良い求人を紹介してもらえないなら、別の転職エージェントの利用を検討しましょう)

ある程度キャリアを積んでいる「30代以上」の方は「特化型」あるいは「ハイクラス向け」の転職エージェントがオススメです。

「特化型」はエンジニアとしてのキャリアアップを目指すタイプ場合に、「ハイクラス向け」はスペシャリストやマネージャーとして年収アップを目指す場合に適した転職エージェントです。

いずれの場合も転職を成功に導くためには、自分の「目的」に合った「転職エージェント」を選択することが重要です。

 

おすすめの転職エージェント

今回は目的別に、EMCエンジニアにオススメの転職エージェントを紹介します。

  1. はじめて転職する     : リクルートエージェント(総合型)
  2. 大手企業への転職を狙う  : メイテックネクスト(特化型)
  3. 先端技術企業への転職を狙う: Kaguya(特化型)
  4. 年収600万円以上を狙う  : JACリクルートメント(ハイクラス向け)
  5. ヘッドハンティングを狙う : ビズリーチ(ハイクラス向け)

 

リクルートエージェント

「総合型転職エージェント」の王道です。

リクルートエージェント』は「案件数」「内定数」ともに国内No.1の最大手の総合転職エージェントです。

求人数は業界トップレベルなので、はじめての転職でキャリアに自信がなくても様々な求人を紹介してもらうことができます。

転職経験者においても、これまでの経歴をもとに総合的に求人を提案してくれるので、登録しておいて間違いない転職エージェントです。

求人検索の面では、転職サイトの『リクナビNEXT』との連携も便利です。

転職活動をはじめるときに、必ず登録しておきたい転職エージェントといえます。

 

 

メイテックネクスト

メイテックネクスト』は、メーカーへの転職サポートに特化した転職エージェントです。

「メイテックネクスト」を運営する「メイテック」は、大手メーカーの設計・開発部門へ多くのプロフェッショナルエンジニアを派遣しています。

「メイテック」のコネクションを生かして、エンジニアの転職をサポートするエージェントが「メイテックネクスト」です。

「メイテックネクスト」では、3年以上のエンジニア職を経験している方向けの求人が多く、EMCエンジニアにとって魅力的な求人が数多くあります。

担当エージェントもメーカー企業に特化しているため、応募先の企業に適したアドバイスを貰えることが多いです。

大手メーカーでEMCエンジニアとして活躍したい方におすすめの転職エージェントです。

 

 

Kaguya

Kaguya』は先端技術・イノベーション領域に特化した転職エージェントです。

先端技術領域に強い「ムーンコミュニケーションズ・エンタープライゼス」とエンジニアリング領域に強い「メイテックネクスト」が共同運営しています。

求人の質は「メイテックネクスト」とほとんど同じですが、先端企業に強いコネクションを持つエージェントが強力にサポートしてくれます。

最先端の技術分野に触れながら、エンジニアとしてスキルアップを目指したい方におすすめの転職エージェントです。

 

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント』は外資系や日系大手の求人を豊富に取り扱っており、「キャリアアップ」や「年収アップ」を目指す方に適した転職エージェントです。

強力なコネクションを有している特定の企業においては、他の転職エージェントよりも選考の通過率が圧倒的に高く、年収交渉に強いことが特徴です。

応募先ごとに担当エージェントが付くので、企業情報を詳細に聞くことができます。

EMCエンジニアとしての成長ももちろんですが、特に「年収アップ」にこだわって転職活動を進めたい方におすすめです。

 

 

ビズリーチ

ビズリーチ』は転職希望者と「ヘッドハンター」のマッチングサイトで、ハイクラス転職に特化した転職サービスです。

CMなどで見る機会も多く、今最も勢いのある転職エージェントといえます。

年収が500万円を超えている方であれば、ヘッドハンターから「面談確約スカウト」のメールが届きます。

企業のレベルはもちろん、求人の質も高く「年収アップ」につながりやすい案件を多数取り扱っていることが特徴です。

様々な「ヘッドハンター」と面談することもできるため、「業界の動向」や「自身の市場価値」を知りたい方におすすめの転職エージェントです。

 

 

おわりに

EMCエンジニアの視点で「転職エージェントの選び方」と「おすすめの転職エージェント」について紹介しました。

「キャリアの方向性」や「転職の目的」によって、おすすめの転職エージェントが異なるので、自分に合いそうな転職エージェントにまず登録してみてください。

  1. はじめて転職する     : リクルートエージェント
  2. 大手企業への転職を狙う  : メイテックネクスト
  3. 先端技術企業への転職を狙う: Kaguya
  4. 年収600万円以上を狙う  : JACリクルートメント
  5. ヘッドハンティングを狙う : ビズリーチ

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください