EMC村の民
~iNarte EMCエンジニアへの道~
キャリア

EMCエンジニアのお仕事 【コンサルタント編】

 

EMCエンジニアが活躍する場所(業種)の紹介です。

EMCエンジニアの分類」という記事の中で、、EMCに関わる仕事をする技術者全般をEMCエンジニアと定義し、そのなかでEMCエンジニアが活躍する業種を3つタイプに分類しました。

・EMC試験所

・メーカー

・コンサルタント

今回の記事では、この3つのタイプのうち「コンサルタント」として活躍するEMCエンジニアの仕事内容を紹介します。

 

EMCコンサルタントの分類

コンサルタントとして活躍するEMCエンジニアの職場には、3つのタイプが存在します。

・EDAベンダー

・設計受託

・個人

「EMC設計」に関わるコンサルティング業務に求められる専門知識(「回路設計」「アートワーク設計」「システム設計」)は、それぞれの職場で概ね同じです。

EMCコンサルティング例 出典:図研

また、コンサルタントには専門知識に加えて、顧客へわかりやすく内容を説明するための高いコミュニケーション能力が必要となります。

 

EDAベンダー

EDAベンダーで活躍するEMCエンジニアには、自社のツールの特徴を理解するための専門知識がまず必要です。

その上で、ツールを活用したときのメリットを客観的なデータをもとにアピールする「提案力」が求められれます。

また、ツールの導入にあたって「EMCの基礎」や「電磁気学の基礎」など教育面でのサポートを担うこともあります。

【先輩インタビュー】

図研

サイバネットシステム

JSOL

 

設計受託

セットメーカーや企画・販売企業から、電子機器の設計業務を受託する企業の中でも、EMCエンジニアは活躍しています。

とくに高度化したシステム機器(産業機器など)では、ひとつのシステムの中にプリント基板が複数配置され、それらを接続するハーネスが縦横無尽に配線されることから、EMC性能を確保することは困難を極めます。

そうしたシーンで問題解決の役割を担うのが「設計受託企業」のEMCエンジニアです。

設計コンサルティングの流れ 出典:キョウデン

 

専門スキルはセットメーカーのEMCエンジニアと同様に、実際の設計スキル「回路設計」「アートワーク設計」「システム設計」が重視されます。

【先輩インタビュー】

キョウデン

 

個人

企業から独立して、EMCコンサルティングを行っているEMCエンジニアもいます。

ただし、個人でのコンサルティング業務は専門知識だけではなく、仕事をとってくるための営業スキルが何よりも重要になります。

業務内容に関しては「倉西技術士事務所」さんのサイトがが参考になります。

このタイプのEMCエンジニアの多くは、もともとセットメーカーなどの大企業の中でエンジニアとして活躍し、その後独立に至っているケースがほとんどです。

コンサルティング業務の他にも、全国各地で技術セミナーの講師をするなど幅広い業務をこなすスキルが求められます。

また技術セミナーと関連して、技術書を出版されたりもしています。

 

おわりに

「コンサルタント」として活躍するEMCエンジニアの仕事内容について紹介しました。

 

「コンサルタント」以外のEMCエンジニアの仕事内容についても、別の記事で紹介しています。

EMCエンジニアのお仕事 【EMC試験所編】「EMC試験所」のエンジニアにフォーカスを当てて、仕事内容を紹介しています。...
EMCエンジニアのお仕事 【メーカー編】 EMCエンジニアが活躍する場所(業種)の紹介です。 「EMCエンジニアの分類」という記事の中で、EMCに関わる仕事をする技...

合わせてチェックしてみてください。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください