ツール

QucsStudioの入門書

この度、高周波回路シミュレータ QucsStudioの入門書を電子書籍として出版したので、内容について簡単に紹介します。

動画はコチラ↓

 

概要

本書はQucsStudioの入門書ということで、初心者の方が独学で「QucsStudio」を使えるようになることを目的とした書籍になります。

書籍の内容としては、QucsStudioのインストール方法からはじまり、回路図作成、AC解析、グラフ編集といった回路シミュレーションの基本操作を 100枚以上の図を使って丁寧に解説しています。

 

そして一通り回路シミュレーションを行った後には「Equation 」や「 Parameter Tuning 」といった、初心者から一歩抜け足すためのテクニックを解説しており、章末に掲載された演習を通じて、学んだ内容の理解度が試せる構成となっています。

 

著者の思い

QucsStudioは、電気回路や高周波回路を学ぶ上で非常に有用なツールであるため、少しでも多くの方に使っていただきたい思っています。

とはいえ、日本語で解説されているドキュメントがほとんど無いと言える状況の中で、回路シミュレーション初心者の方が独学で学んでいくには少しハードルが高いのも事実です。

そこで本書では、本当に0からの状態でも独学でQucsStudioを学べるよう、実際に手を動かしながら読み進められる「ハンズオン形式」を採用しています。

そのためこの書籍に沿って学んでいけば、どんな初心者の方でも必ずQucsStudioを使って回路シミュレーションができるようになるはずです。

万が一、操作に関してわからないことがあれば、コメント欄やTwitterのDMからお問い合わせいただければ、質問にも回答するのでアフターフォローの万全の状態で書籍に取り組んでいただけます。

また巻末の付録には、QucsStudioの中で使用するコマンドや部品リストの概要を掲載しており、リファレンスマニュアルとしても使えるようになっています。

わたしもコマンドや部品リストを調べていく中で、改めてこんな機能があったのかという気付きや発見が多くあったので、中級者以上の方にとっても役立つ内容かと思います。

 

購入先

書籍はアマゾンから購入可能で、価格はワンコイン「500円」となります。

 

月額980円の Kindle unlimited 会員の場合には、読み放題として読むことができるようになっているので実質無料で読んでいただけます。

ちなみに Kindle unlimited に関しては、わたしも会員になっているのですが、ベストセラーのビジネス書や漫画、雑誌など様々な分野の書籍を読むことができるので、かなりおすすめです。

はじめて登録する場合にはキャンペーン価格も適用されるので、普段から本を読まれる方であれば登録しても損はないはずです。

 

これから回路シミュレータを触ってみたいという方は、ぜひ一度読んでみてください。

 

なお本書の売上の一部は、QucsStudioの開発者(Michael Margraf, DD6UM)へ寄付させていただきます。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください