EMC村の民
~iNarte EMCエンジニアへの道~
EMC規格

自動車のEMC規格【ECE R10】の概要紹介

 

前回の記事「自動車に求められるEMC性能」では、自動車のEMC試験の種類やEMC性能の厳しさについて紹介しました。

自動車に求められるEMC性能「自動車に求められるEMC性能」の概要について紹介しています。...

今回はその続きとして、自動車のEMC規格「ECE R10(ECE Regulation No.10)」について紹介します。

 

規格の概要

ECE R10は、EMC規格では珍しい国際連合が発行した EMCの国際規格です。

規格の適用範囲は、路上での使用が意図された車両、及び車両への取り付けが意図されたコンポーネントやセパレート・テクニカル・ユニット(STU) とされています。

つまり、車両そのものはもちろん

車両に搭載される「ECU」や

「インバータ」や「モーター」にも適用される規格ということです。

 

ECE R10の参照規格

自動車のEMCの国際規格の多くは、エミッション規格が「CISPR規格」、イミュニティ規格が「ISO規格」として規定されています。

「ECE R10」においても、参照規格としてこれらの規格が適用されています。

出典:ノイズ研究所

①:全ての車両に適用
②:充電回路を有する車両に追加適用
③:全ての ESA(electronic sub assembly)に適用
④:充電回路を有する ESA に追加適応
* :充電状態での試験モードが追加

また、第5版からは充電機能を有するESA(Electorical Sub Assembly)が規格の適用対象となっています。

つまり「HEV」や「EV」、さらにはそれに付随するECUも「ECE R10」の適用対象となることを意味します。

また「充電回路を有する ESA 」を対象とした試験では、民生品向けの試験規格である「IEC61000シリーズ」や「CISPR22(VCCI規格)」の試験項目が追加されています。

これらの試験が追加された要因としては、自動車が様々な機器に接続される「V2X」の機能が拡張されたことによって、民生機器と協調して動作するようになったためです。

接続先の「急速充電機器」においても同様に「IEC61851-22」として同じ項目の試験が規定されています。

IEC61851-22試験項目 出典:ノイズ研究所

 

ECE R10の最新動向

2020年1月現在においては、第6版が最新版となっています。

第6版は、2019年11月に発行されたばかりの新しい規格です。

詳細な情報はこれから随時出てくるかと思いますが、早速JQA(日本品質保証機構)にて解説セミナーが開催されるようです。

https://www.jqa.jp/service_list/safety/topics/topics_safety_281.html

会場は「大阪」で、かつ席に限りがあるようですが、参加費は「無料」なので規格業務に携わっている方は参加する価値があると思います。

 

第6版の規格の原文は「UNECE」のサイト、または以下のリンクから確認できます。

http://www.unece.org/fileadmin/DAM/trans/main/wp29/wp29regs/2019/E-ECE-324-Add.9-Rev.6.pdf

 

おわりに

自動車のEMC規格「ECE R10」の概要について紹介しました。

ECE R10も自動車の進化に合わせて、第4版、第5版、そして第6版と進化を重ねてきていることがわかります。

ECE R10で参照されているそれぞれの試験方法「ISO規格」「CISPR12」「CISPR25」などは、今後別の記事でご紹介していく予定です。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)
ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください