YouTube

YouTubeチャンネルの運営記【2021年版】

この記事は、YouTubeチャンネル「エンジャー/Engeer」の運営記録になります。

当サイトやYouTube運営に興味のある方はどうぞ。

チャンネル開設経緯

YouTubeは動画プラットフォームとして確固たる地位を築いていますが、2020年8月時点では「電気」や「高周波」に関連する学習コンテンツはほとんど存在していませんでした。

一方で、ITやプログラミング関連の学習コンテンツはYoutube上にかなりアップロードされていて、それなりに再生回数も伸びているようでした。

そこでまずは

ブログ記事を動画化すること

をベースにして、動画製作を開始しました。

とはいえ、チャンネル開設当初は動画製作の「知識」や「経験」は無かったので、試行錯誤しながら1本の動画を作り上げていきました。

1本目の動画はこちら↓

この頃はパワーポイントのスライドショーを録画して、あとからアニメーションを重ねて動画を製作していました。

 

投稿本数

ブログ記事をベースとしているためネタ切れになることが無く、開始当初から順調に投稿本数を増やすことができました。(5ヶ月で90本投稿)

動画本数の傾きを見ると、チャンネル開設当初は1本の動画を作るのにかなりの時間が掛かっていたことがわかります。

YouTubeの仕組み

ただしYouTubeにおいては、単純に動画を投稿し続ければ再生回数が伸びるという訳ではありません。

なぜならYouTubeではほとんどの場合、「関連動画」あるいは「おすすめ動画」から再生されるからです。(YouTubeでは、検索して動画を視聴する方は少ないです)

つまり動画本数が増えたとしても、YouTubeのアルゴリズムに動画を認識してもらえなければ、ユーザーの目には届かないということです。

そのため、チャンネル開設当初は継続的に関連する動画を投稿し、YouTubeのアルゴリズムに動画のカテゴリや特性を理解してもらう必要があります。

 

チャンネル登録数

チャンネル登録数は、継続的にクオリティの高い動画を投稿していないとなかなか増えません。(複数の動画を見て「有益」だと感じたときに、チャンネル登録に至ることが多いです)

チャンネル開設当初は、2020年内にチャンネル登録者 1,000人を目標としていましたが、 最終的には 648人という結果となりました。

https://twitter.com/emcEngineer/status/1344506752746700801

収益化の条件

YouTubeでは、収益化の条件が2つ存在します。

  • チャンネル登録者 1,000人
  • 総再生時間 4,000時間

このうちチャンネル登録者は 648人でしたが、総再生時間の方は 2,800時間と、こちらも収益化の条件には達していませんでした。

世の中には、数本の動画だけで上記の条件を軽くクリアする方もいますが、わたしのような凡人には非常に高いハードルでした。

ちなみに様々な方がYouTubeに動画を投稿していますが、収益化を達成しているチャンネルはこのうちの「10%程度」と言われています。

 

動画の構成

動画製作にあっては、3つのポイントを意識しています。

  • 1つの動画では、1つのテーマしか取り扱わないこと
  • 1本の動画あたり 10分を目安にすること
  • 専門的な内容をわかりやすく表現すること

YouTubeでは、テーマとは関係のない話題に逸れていくと、ユーザーは即座に別の動画へと移っていきます。そのため、キチンと1つのテーマに沿って話を進めていくことが重要となります。

また長時間の動画もクリックされにくい傾向にあります。10分程度の動画であれば問題ありませんが、20分以上になるとユーザーに時間的な負担を強いることがあります。

さらに専門用語を多用していると、視聴者に伝わらないことが多いです。そのため、できるだけわかりやい用語を使って表現することに加えて、わたしのチャンネルでは字幕も表示させています。

上記の3つのポイントを意識して動画を製作することで、アップロードしているほとんどの動画はで「高評価率 95%以上」を達成しています。

 

2021年の状況

2021年4月現在の状況です。

収益化

目標から1ヶ月遅れましたが、1月21日に総再生時間 4,000時間、1月27日に登録者 1,000人を突破しました。

https://twitter.com/emcEngineer/status/1354255695692976128

2021年1月はほとんど動画投稿していませんでしたが、これまで投稿していた動画が視聴されて目標達成に至りました。

チャンネル登録者

2021年4月現在、チャンネル登録者は 5,000人を突破しました。

3ヶ月程度で 4,000人増加していますが、これには理由があります。

とあるキッカケがあって、「フェライトコアの動画」がYouTubeのアルゴリズムに猛プッシュされ、再生回数が急上昇したためです。

現時点で再生回数が10万回を突破しており、この恩恵を受けてチャンネル登録者も急増しました。(この動画では 1,000件以上の高評価をいただいています)

ただし一過性の急上昇であるため、現在は平常ペースに戻っています。

再生回数

先の急上昇は例外として、すべての動画とも普遍的な内容を取り扱っているため、継続的に再生され続けています。

現在の状況を見ると、1年間掛けて1万再生される動画が数本現れる見込みです。

そしてチャンネル開設当初と違い、新規投稿した動画はチャンネル登録者の「おすすめ動画」に表示されるため、再生回数は増えやすくなっています。

視聴者層

視聴者は、若年層よりも「40代」「50代」の方が多いです。

男女比に関しては、お察しください。

ちなみに視聴される時間帯は、平日の夜と休日が多いです。

動画というメディアの特性上、業務中に視聴するのは難しいようで、平日の朝から夕方にかけては視聴回数が少ないです。

 

まとめ

チャンネル開設から現在まで、約8ヶ月間のYouTube運営記でした。

YouTubeはブログと違い、「おすすめ動画」や「関連動画」などのYouTube独自のアルゴリズムが強力に作用するため、特にチャンネル開設初期においては再生されるためのハードルが非常に高いです。

一方で、同じカテゴリの中の動画が伸びている場合には、その流れに乗ってチャンネルを急拡大できるという夢もあり、それが多くの方をYouTuberへ誘うキッカケともなっています。

とはいえ、当チャンネルにおいてはトレンドと全く無縁の状態ですので、みなさまに役立てていただける動画を地道にコツコツ投稿していく次第です。

なおYouTubeに関するご依頼・ご相談などありましたら、お問い合わせページよりご連絡ください。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email
にほんブログ村 科学ブログへ
ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください