EMC村の民
~iNarte EMCエンジニアへの道~
EMC規格

NSA測定時の注意事項

 

電波暗室の特性を評価するための試験。

それが正規化サイトアッテネーション(NSA:Normalized Site Attenuation)です。

 

今回の記事では、NSAの概要と測定時の注意事項について紹介します。

 

       目次         hide

NSAとは

定義

NSAとは「正規化されたサイトの減衰量」を表す指標です。

正規化するということは、何かの基準に照らし合わせるということで、ここでの基準は「CISPR16-1-4」で規定されている「完全平面、かつ、無限の面積を持った完全導体大地から構成され、大地面を除き反射物がないオープンサイト(OATS)」になります。

 

つまりNSA特性とは、理想的なオープンサイトの伝搬損失(理論値)とテストサイト(電波暗室)の伝搬損失の差を表したものと言えます。

 

「CISPR16-1-4」においては、エミッション試験に使用するサイトに対して伝搬損失が「理論値±4dB」の範囲に収まることを要求しています。

NSA特性例 出典:京都工芸繊維大学

 

測定方法

NSA特性は、送信アンテナと受信アンテナを対向させて測定します。

このとき受信アンテナ高さを「1m~4m」の範囲で走査し、得られる最大の電界強度をもとに伝搬損失を求めます。

NSA測定図 出典:TDK

 

伝搬損失は床面や壁面の反射波の影響を受けるため、サイトの形状や大きさや電波吸収体の性能によって違いが生じます。

つまりテストサイト固有の特性ですね。

 

さらに送信アンテナの位置を変化させて、テストボリューム全体の特性を評価します。

NSA測定箇所 出典:CISPR16-1-4国内答申

 

NSA測定時の注意事項

送受信ケーブルの影響

アンテナに接続されている同軸ケーブルは測定結果に大きな影響を与えます。

原因は同軸ケーブルが垂直に垂れ下がっていることで、アンテナとして作用するためです。

 

その影響を低減するためには、同軸ケーブルにフェライトコアを装着します。

フェライトコアは、影響の出ている周波数(一般的には30~200MHzあたり)に適した型式を選定する必要があります。

例えばこういうタイプのものです。

また、フェライトコアは1つ付けるだけでは不十分です。

一般的には、同軸ケーブルに10cmピッチで多数のフェライトコアが装着します。

 

アンテナマストの影響

アンテナマストは一般的にプラスチックで作られています。

プラスチックは空気と比較して誘電率が高いため、周波数が高くなるにつれて電波を反射したり減衰させたりする性質が表れます。

アンテナとの距離が近いほど影響が大きくなるため、アンテナマストとアンテナの距離をできるだけ離す必要があります。

一般的には、アンテナとアンテナマスト間の距離を1m以上とることが多いです。

 

アンテナマストの支持台

これはマストメーカーによる処置になりますが、アンテナマストの支持台には金属部品が使用されています。

この金属部品によって電波が反射するため、金属台の上にフェライト板や電波吸収体を装着することがあります。

 

おわりに

NSAの概要と測定時の注意事項について紹介しました。

サイトの校正作業は、あまり関わる機会が少ないかもしれませんが、EMC試験にとって非常に重要な評価です。

 

iNarte資格試験においても出題範囲であるため、まずは概要だけでも理解しましょう。

NSAの詳細については、総務省の「CISPR16-1-4の国内答申」からも確認できますのでチェックしてみてください。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください