EMC村の民
~iNarte EMCエンジニアへの道~
EMC試験

EMI試験でdB(デシベル )を使う意図

EMI試験を行っていると、規格の限度値で「dB〇〇」という単位が出てきます。

例えば

➀ 放射エミッション(電界強度)の場合は「dBμV/m」

➁ 伝導エミッションの場合は「dBμV」

➂ 磁界エミッションの場合は「dBμA/m」

といった感じです。

それぞれの単位の先頭に「dB」が付いています。

この「dB」を使う意図について、考えてみます。

dBの読み方

最も基本的なところから。

「dB」は、「デシベル」や「デービー」と呼びます。

よくある会話としては、ノイズ対策を行っているときに「あと6dB(デービー)下げないとダメなんだ」といった具合です。

では、このときの「6dB下げる」とは具体的にどの程度のレベルなのでしょうか?

dBとは対数

dBとは対数を単位にしたものです。

対数というと難しいように感じますが、EMI試験の場合では「基準の単位に対して10の何乗倍」かを表したものになります。

つまり、先ほどの➀の場合

「dBμV/m」は電界強度の単位である「V/m」に対して、基準の単位を「μV/m」としたときの大きさを示したものになります。

dBの計算例

先ほどの例で「6dB下げる」という場合、以下の計算式から求まります。

6dB = 20 * LOG 10 ( x )

x = 10 ^ (6/20)

   = 10 ^ 0.3

   ≒ 2

つまり 6dB というのは、2倍 あるいは 1/2倍を意味します。

これは覚えておくと非常に便利です。

その他にも

10dB ≒ 3倍 または 1/3

12dB ≒ 4倍 または 1/4

14dB ≒ 5倍 または 1/5

17dB ≒ 7倍 または 1/7

20dB = 10倍 または 1/10

というように覚えておくと、ノイズ対策時にどの程度レベルを下げなければならないかイメージできます。

dBを使うメリット

dBを使うことで、桁の異なる数値同士を簡単に計算することができます。

dBを使う場合、実数の掛け算が足し算に、割り算が引き算になります。

実数 200 μV/m ÷ 2 = 100 μV/m

対数 46 dBμV/m – 6 dB = 40 dBμV/m

上の例は簡単な計算ですが、より複雑な数値で計算するときには

足し算や引き算の方が簡単に計算できるので便利です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

デシベルって一見難しそうですが、一度理解すると非常に簡単に計算できるようになります。

iNarteを目指す方も、計算問題を解くために今一度復習してみるとよいかもしれませんね。

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)
ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください