EMC村の民
~iNarte EMCエンジニアへの道~
EMC規格

EMC規格の体系の紹介

 

EMC規格には様々な種類がありますが、それぞれを4つの段階で分類することができます。

  • 基本規格
  • 共通規格
  • 製品群規格
  • 製品規格

今回の記事では、それぞれの適用範囲や目的について紹介します。

 

基本規格

基本規格はEMC試験に使用する試験機器の仕様や測定方法などを定めた規格です。

最も一般的なものは「CISPR16シリーズ」になります。

CISPR16の概要紹介 CISPR規格における基本規格となる「CISPR16」。 基本規格とは、製品規格、製品群規格、共通規格...

試験機の仕様は厳密に定めらており「コンプライアンス試験」においては、「CIPSR16」に適合した試験機を使用しなければなりません。

測定方法は、様々な「EUT」に対応できるよう抽象化されているとともに、限度値等も規定されていません。

EMCに興味のある方は、読むだけでも楽しめる規格ですよ。

 

共通規格

製品群規格や製品規格に該当しないような機器に適用される規格です。

メジャーな規格としては「IEC61000-6シリーズ」が挙げられます。

【便利】IEC61000シリーズ 一覧iNarte資格試験対策として「IEC61000シリーズ」の一覧表を作成したので、是非活用してください...

試験項目としては、一般的に実施される内容のほとんどが網羅されています。

試験レベルは「住宅、商業用環境」と「工業環境」で分類されており、機器の使用条件に応じて基準値を選択する必要があります。

 

製品群規格

いわゆる「CISPR規格」や「FCC規格」などが、製品群規格に該当します。

CISPR規格では、以下の項目があります。

【便利】CISPR規格一覧CISPR規格の一覧表をまとめています。iNarte資格試験対策として、ご活用ください。...

それぞれの製品群ごとに、試験項目や限度値が定められています。

試験方法については、上位規格である「基本規格」を参照していることがほとんどです。

 

製品規格

製品群規格から、製品固有の「試験項目」「限度値」を定めたものが「製品規格」です。

電気用品安全法の概要紹介 前回「EMCの国際規格と地域規格の代表例」を紹介しましたが、今回は日本の「電気用品安全法」についてご紹介します。 ...

ただしEMC試験の内容としては、試験方法や限度値は上位の製品群規格を参照しているものがほとんどです。

 

おわりに

EMC規格の体系の概要について、紹介しました。

詳細を覚える必要はありませんが、上位と下位のイメージがつかめていると規格書を読むのが楽になると思います。

 

個々の規格については、他の記事で紹介しているのでそちらも参考にしてみてください。

CISPR15の概要紹介 規格の解説です。 以前、VCCI(CISPR32)について解説したので、シリーズ化してCISPR規格に...
CISPR16の概要紹介 CISPR規格における基本規格となる「CISPR16」。 基本規格とは、製品規格、製品群規格、共通規格...
VCCI規格の概要紹介 前回から引き続き、日本のEMI規格のご紹介です。 EMI試験といえば、VCCI試験を思っている...
VCCIだけじゃない?「EMI試験」の試験項目を紹介代表的なEMI試験の試験項目について紹介しています。...

 

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)
ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください