EMC村の民
~iNarte EMCエンジニアへの道~
その他

EMC・ノイズ対策セミナー 2019年3月

 

毎月 EMC・ノイズ対策に関するセミナーをご紹介していくという企画です。

開催プログラムをもとに、どういった方にメリットのあるセミナーかを推測してみますのでご参考ください。

なお、オススメ度はあくまでも筆者の個人的な意見です。

 

 

3/1 【東京】 電磁ノイズに強い回路設計編

申し込みページ

開催:2019年 3月1日(金)  13:30~17:00

場所:図研 本社・中央研究所 図研ホール

講師:佐藤 尭厚 氏、吉井 宏治 氏 (リコー電子デバイス)、野村 政司 氏(図研)

受講料:無料(登録制)

【概要】
競争力のある製品を開発するため電気設計者に求められる、電源の要所である電源ICの選定とその周辺回路のEMC対策技術。これらを基礎から学べる、ノイズ対策入門セミナーです。
ノイズに強いと定評のあるリコー電子デバイスの電源ICを題材に、EMCの基礎的な対策手法、および回路基板のEMC設計手法を解説する内容で、実践力がしっかり身につきます。ゲスト講師にリコー電子デバイス株式会社 開発者をお招きし、基板設計の注意点や、考慮すべきポイントなどについて詳しく伺います。

【解説】
対象:中級レベル以上の設計者
企業主催のセミナーです。
前半の講演では、実例を中心にノイズ対策の事例を学べるので、電源周りの設計を担当している方は参考になるかと思います。
後半の講演は、CAEの活用をメインにした内容で基板設計におけるルールチェッカーなどの効果を解説いただけるようです。CAEの導入を検討している方にオススメです。

オススメ度:★★★★☆

 

 

3/4 【東京】 電子機器におけるノイズ対策の基礎と製品への応用およびそのノウハウ ~1人1台PC実習付~

申し込みページ

開催:2019年03月04日(月) 10:30 ~ 17:30

場所:日本テクノセンター研修室

講師:-

受講料:49,680円(税込)

【概要】
今回は見れば・聞けばわかるという角度からのEMCセミナーです。
講師は多年にわたり高周波・高速電子機器開発・設計およびEMC対策にかかわってきました。
特に高周波電磁界シミュレータを活用してどのように電磁波が発生し漏洩するかを解析し具体的なEMC対策を行ってきています。

【解説】
対象:中級レベル以上の設計者
有料セミナーにも関わらず、講師がわからないのは少し受講のハードルが高いです。
内容としては実践的であり、ノイズ対策に困っている方に役立つと思いますが、理解できるかどうかは説明次第なのでオススメはしにくいです。

オススメ度:★★☆☆☆

 

 

3/5 【東京】 回路実装設計におけるノイズ対策のイロハを伝授

申し込みページ

日時:2019年3月5日(火)10:00~16:00

場所:新宿文化センター

講師:芳賀 知 氏(ティー・エム研究所)

受講料:43,200円(税込)

【概要】
電子機器のノイズ問題に対して、電磁界解析や実験などで得られた対策手法、ルールなどが蓄積されています。ところが、それに基づいたはずなのに、問題が発生することがよくあります。
こうならないためには、マニュアルやルールだけに基づいた設計ではなく、ノイズのメカニズムをきちんと理解した設計が必要です。
本講座では、基礎編としてノイズ設計の考え方を整理します。次に、実際編として、回路実装設計における重要なポ イント、及び見落としやすい留意点などをわかりやすく解説します。

【解説】
対象:中級レベル以上の設計者
講師はEMCコンサルタントとして活動中。WEBサイトあり。EMC設計やノイズ対策の業務に関わる方向け。レベルは中級より若干高め。シグナルインテグリティやパワーインテグリティのことを何となく知っていなければ、あまり理解できない可能性があり。一方で、実践的な内容も多く含まれているので受講して損はない。

オススメ度:★★★★☆

 

 

3/8 【東京】 EMC/EMI対策入門セミナ ~EMI規格適合にかけるコストを削減しませんか?~

申し込みページ

日時:2019/03/08(金) 13:30-17:30

場所:テクトロニクス セミナ・ルーム  品川インターシティB棟 6階

講師:鹿取 俊介 氏

受講料:無料

【概要】
このセミナでは、EMC/EMI計測の基礎知識、効果的な測定手法と勘所、 EMI規格適合に掛ける時間とコストを削減する最新の評価手法などを、実機デモを交えて解説します。
新たにIoTデバイスの開発に従事するエンジニアの方や設計・開発の現場でEMC/EMIに携わっている皆様に最適なセミナです。

【解説】
対象:初級~中級
計測器メーカーのセミナーです。
最新の計測器の機能を知ることができ、さらにノイズ対策の実践的な方法も学ぶことができます。
無料なのもポイントが高いですね。ノイズ対策に行き詰っている方にオススメです。

オススメ度:★★★★★

 

 

3/8 【広島】 EMCとノイズ対策 -(2) コモンモードノイズ源対策,基板レイアウト,シールド,他

申し込みページ

日時:2019年3月8日(金) 9:30~16:30

場所:広島テクノプラザ

講師:菅崎 英雄 氏(広島テクノプラザ)

受講料:15,120円(テキスト代,消費税含む)

【概要】
現在,車載向け,民生向けとも電子制御ユニット化が増加しています。
ますます厳しくなっているEMC要件に適合しなければ製品として完成しません。
つまり,電気電子回路を設計・製品化するにはEMCを避けて通れません。
基本設計段階からエミッションとイミュニティ双方を考慮しながら設計する必要があります。
本講座は,EMC対応するための必要な基礎的知識を習得します。
EMC対策の基礎的技術の更なるステップアップが期待できます。

【解説】
対象:中級レベル以上の設計者
もともと家電メーカーの技術者であった講師による、ノイズ対策やEMC設計の考え方を学ぶセミナーです。現場での対策は何とかなるものの、理論の理解ができていない方にオススメです。
また地方でのEMCセミナーはなかなかないので、近隣企業の方はぜひ。

オススメ度:★★★★☆

 

 

3/13 【岐阜】岐阜県が整備するEMC試験設備の紹介

申し込みページ

日時:2019年3月13日(水)  13:30~15:15

場所:成長産業人材育成センター3階研修室3

講師:山田 和謙 氏(テクノサイエンスジャパン)

受講料:無料

【概要】
来年度の供用開始に先立ちまして、 EMC試験の概要および導入した試験設備 を紹介するセミナーを企画しました。こ れまで県外のEMC試験設備を利用されていた企業の方をはじめ、電子機器を組み込んだ製品開発に関心のある企業の方の参加をお待ちしています。

【解説】
対象:初級~中級
講師は書籍も出版しており、EMC測定についての専門家といえるでしょう。
試験設備の紹介がメインなので、設備利用に関心のある近隣企業の方にオススメです。

オススメ度:★★★☆☆

 

 

3/14 【大阪】 スペクトラムアナライザ入門とEMC対策における電磁界の可視化技術

申し込みページ

日時:2019年3月14日(木) 13時30分~16時40分

場所:大阪府立大学 I-siteなんば カンファレンスルーム A1・A2

講師:大坪 樹生 氏(ローデシュワルツ)、佐伯 明徳 氏(森田テック)

受講料:無料

【概要】
スペクトラムアナライザの基礎知識の習得と簡単な測定⽅法のご紹介及び実機を用いた実習を⾏います。
EMIレシーバーとの違いもご理解いただけます。
電気製品や回路基板から発生する電磁波を三次元的に可視化する装置をご紹介します。アンテナ設計や
ノイズ対策にご利用頂けます。また、測定原理をご説明し、幾つかの事例もご紹介します。

【解説】
対象:初級~中級
企業も商品説明会を兼ねたセミナーです。技術的な説明よりも商品説明がメインの内容です。
スペクトラムアナライザの原理や構成を学ぶことができるようです。
また電磁波可視化装置の利用方法なども学べるでしょう。

オススメ度:★★☆☆☆

 

 

3/15 【千葉】 自動車のEMC対策             

申し込みページ

日時:2019年3月15日(金) 13時30分~16時30分

場所:TDK株式会社 テクニカルセンター 内  EMCセンター

講師:-

受講料:10,000円

【概要】
将来の本命といわれている電気自動車のモーターやインバータから発生するノイズの対策や、LIN,CANBUS,Flex Ray などの車内LAN, 車載マルチメディア、静電気などについて実測データや実験データに基き対策法などについて解説します。
さらにTDKが提供している高信頼性の各種対策部品を紹介します。

【解説】
対象:中級レベル以上の設計者
企業の主催のノイズ対策セミナーです。月一で開催されており、第3回の今回が最終回です。
自動車特有のノイズ対策を知ることができるようです。対策部品の効果的な使い方が知りたい方にもオススメです。

オススメ度:★★★★☆

 

 

3/26 【東京】 車載電子機器のEMC設計とノイズ対策部材の開発

申し込みページ

日時:2019年3月26日(火) 10時30分 ~ 16時30分

場所:株式会社 技術情報協会

講師:前野 剛 氏(クオルテック)、畠山 賢一 氏(兵庫県立大学)、齋藤 章彦 氏(大同特殊鋼)

受講料:59,400円 (税込)

【概要】
本セミナーでは、車載電子機器のEMC設計について基礎から解説し、低周波磁界、電磁波、ノイズの発生メカニズムと対策について具体的な手法を解説いたします。
<対象者>
 ・EMC・ノイズ対策・電磁波吸収・電磁波遮蔽が必要な機器の技術者、品質担当者
 ・ 電磁波吸収・電磁波遮蔽・ノイズ対策が必要な製品の技術者、製造技術者、品質保証担当者
 ・電波吸収体の技術者
 ・電波抑制で課題を抱えている技術者、担当者
 ・ノイズ対策・電磁波関連材料に関心のある技術者・研究者・担当部門・初心者など

【解説】
対象者が記載されていますが、すべてを満足する方はいないと思います。いづれかに当てはまる場合は、参加を検討する余地があるということでしょう。
プログラム自体は、それぞれの専門分野で著名な方ばかりなので、知識を学ぶもよし、人脈を作るもよし、と価値の高い内容と思います。

オススメ度:★★★★☆

 

 

3/26 【名古屋】 EMI/ノイズ解析ワークショップ

申し込みページ

日時:2019年3月26日(火)13:30-15:30

場所:キーサイト・テクノロジー株式会社  オートモーティブ・カスタマー・センター名古屋

講師:池原 氏、依田 氏

受講料:無料

【概要】
電子機器の内部干渉(自家中毒)の問題、国際規格のCISPRも規制も改定され、EMIは避けて通れないものとなっています。本セミナーではそのエンジニアが知っておくべき規格および測定(プリコンプライアンス/フルコンプライアンス)について多種機器を使ったノイズの評価手法を紹介いたします。
更にノイズの解析やデバッグを行う際にオシロで取ったノイズ波形をFFTしても、何もわからなかった経験をお持ちではないでしょうか? Keysight Noise Visualizerは優れた可視化能力によって状況把握や異常検出を得意とし、今までに見たことない全く新しい世界を見ることが出来ます。

【解説】
対象:中級レベルの設計者
試験所での機器の使用法が学べるセミナーです。
ノイズ対策における最新トレンドのFFTを利用したデバッグについても、実際の機器を用いて体験できるので実務に役立てたい方にオススメです。

オススメ度:★★★★☆

 

 

おわりに

年度末ということもあり、セミナーも目白押しですね。

無料のセミナーも数多くあるので、気になる内容があれば参加してみてください。

実際にセミナーを受講された方は、コメント欄に感想(筆者の予想が当たっていたかどうかを含めて)をフィードバックいただけると助かります。

 

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください