EMC村の民
~iNarte EMCエンジニアへの道~
ノイズ対策

雷サージ対策部品の分類

 

イミュニティ試験の中でも、高いエネルギーを加える試験が「雷サージ試験」です。

多くの場合は IEC61000-4-5 に則って、電源ラインに対するサージ耐量を試験します。

 

今回は雷サージ試験の対策方法について考えてみます。

 

雷サージ対策部品

雷サージ対策部品として思い浮かぶのは….

サージアブソーバ、サージプロテクタ、バリスタ、アレスタ、サイリスタ、ダイオード、…..

と多岐にわたります。

 

対策部品の役割

まずはこれらの部品の役割を考えてみましょう。

言葉の意味から考えると

 ・サージアブソーバ:雷サージを「吸収」するもの

 ・サージプロテクタ:雷サージから「保護」するもの

 ・バリスタ(variable resistor):「抵抗値」が変化するもの

 ・アレスタ:避雷器、雷サージを「放電」させるもの

 

「サージアブソーバー」と「サージプロテクタ」と「アレスタ」は雷に対する作用が名前からわかります。

「バリスタ」は電圧に応じて抵抗値が変化する。

この作用から考えると、雷サージをバイパスさせるフィルタとして捉えることができます。

「サイリスタ」と「ダイオード」も電圧によって応答が変化する素子なので、バリスタと同じフィルタの役割を担うと考えることができます。

 

対策部品の分類

これらの対策部品をどのように使い分ければいいのか?

このように考えたときに、少し疑問が。

「サージアブソーバ」と「サージプロテクタ」って実際にどうやって「吸収」「保護」しているのか?

 

実はこの2つの部品は、雷サージ対策部品につけられた「あだ名」のようなものです。

実際は内部に「バリスタ」や「アレスタ」が使われています。

例えばサージプロテクタは、「ライン間」と「大地間」に対してバリスタやアレスタを組み合わせて1つの部品としたものです。

 

つまり対策部品としては多岐にわたるものの、対策方法としては2つしかないことがわかります。

➀雷サージをバイパスする

➁雷サージを放電させる

 

おわりに

まずは雷サージの対策部品、対策方法を分類してみました。

雷サージ対策部品は「機器内部で使うもの」と「設備内で使用するもの」を一括りにされているので、わかりづらくなっています。

 

次回は「バリスタ」と「アレスタ」の使い分けについて考えます。

 

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください