EMC村の民
~iNarte EMCエンジニアへの道~
EMC試験

公共電波暗室のご紹介 ~青森~

 

公共電波暗室の紹介シリーズ 第2弾。

北海道の次は、東北に移りまして青森県です。

 

 

青森県産業技術センター 八戸工業研究所

青森県は「八戸工業研究所」1か所のみですが、電波暗室とシールドルームがそれぞれ1部屋あります。

 

電波暗室は小型(高さ2mまで)ですが、 試験設備が非常に充実しております。

http://www.aomori-itc.or.jp/index.php?id=5873

 

特にノイズ対策を効率よく行うことに注力しており、タイムドメイン測定が可能なEMIレシーバーまで準備されています。

出典:八戸工業研究所

 

シールドルームもイミュニティ試験を一通り行うことができます。

http://www.aomori-itc.or.jp/index.php?id=5874

 

利用料金は「電波暗室」と「シールドルーム」それぞれで規定されており

8時間利用の料金は、電波暗室が ¥31,500シールドルームが \14,300、どちらも非常に安価に利用することができます。

 

直近の空き状況もサイトから確認でき、週2~3日程度しか埋まっていないようです。

http://www.aomori-itc.or.jp/assets/files/industry/hachinohe/emc/schedule.htm

東北新幹線もあるので、遠方からのご利用も検討の余地があると思います。

 

 

 

おわりに

第2弾として、青森県の公共電波暗室をご紹介しました。

公共電波暗室紹介の全国制覇に向けて、継続していきます。

紹介してほしい地方や地域があれば、お気軽にコメントください。

 

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
エンジャー
EMCやノイズ対策に関する情報発信を日々行っています。 ( iNarte EMC Engineer、第一級陸上無線技術士)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください